大腸がん検診の内容について

大腸がん検診の内容について

大腸がんはがんの中でも、近年増えてきているがんとなっています。


理由としては、食生活が昔に比べると欧米化したということが理由として考えられます。



しかし、大腸がんは早期に発見することができれば、ほぼ治癒することが可能ながんですから、気になる場合は大腸がん検診を受けるということが大事になってきます。

がん検診のための情報を提供するサイトです。

まず、大腸がん検診の概要としては、対象年齢は40歳以上の男女で、検診の間隔としては、1年に1回ということになっています。検診内容としては、問診と便潜血検査を行います。
大腸がん検診を受けることができる場所や問い合わせ先としては、地方自治体や保健所などです。



検査結果については、だいたい1か月以内に結果が出ることになります。


大腸がん検診の主な流れとしては、まず一次検診として、問診と便潜血検査が行われます。

この結果、がんの心配がない場合は、これで検診は終了となります。

しかし、大腸がんの疑いがある場合は、二次検査を行うことになります。また、一次検査で問題がなかった場合でも、数年後にがんが生じる可能性がありますから、問題がなかったとしても検診は続けた方が良いといえます。
二次検査については、より精密な検査をしていくことになります。

二次検査を受ける人は、自分ががんなのかどうか不安になってしまう可能性がありますが、実際は大腸がんであるという診断が下される人は一部であり、まだこの段階では焦る必要はありません。しかし、大腸がんが認められた場合は、治療を行っていくことになります。



Copyright (C) 2015 大腸がん検診の内容について All Rights Reserved.